禁煙外来

禁煙外来のご案内

禁煙したいと思っているのになかなかやめられない・・・、
今までにも禁煙に挑戦したけれどうまくいかなかった・・・、
という方、当クリニックの禁煙外来が禁煙のお手伝いを致します。

禁煙治療の実際

タバコは肺がんや慢性閉塞性肺疾患など肺の病気に強く関連するのみならず、肺がん以外の様々ながん、消化器系の病気、心臓病や脳卒中、骨粗鬆症、高血圧・動脈硬化・糖尿病などの生活習慣病などとも深いつながりを持つことが言われています。

「やめようと思っているのだけれど我慢ができない」「無意識にタバコに手を伸ばしてしまう」など、タバコをやめたいけれどもやめられないのは、決して意志が弱いからだけではありません。それは「ニコチン依存症」という、治療が必要な病気だからというのが現在の考え方なのです。

禁煙治療の標準的なプログラムでは、12週間で計5回の診察を行います。
各回の診察において、禁煙のための「知恵」の習得、カウンセリング、課題点の抽出と対策の検討、呼気中一酸化炭素濃度の測定(禁煙すると値が下がってくるので禁煙効果の目安となります)、禁煙補助薬の処方などが行われます。これらを駆使して、医師と看護師が禁煙のお手伝いを致します。
12週間の治療が終わりますと、禁煙の成功・不成功に関わらず保険による禁煙外来は終了です。
見事「卒煙」された方は禁煙を維持して下さい。
もしうまく禁煙に至らなくとも、生涯禁煙をするために多くの方は2∼3回失敗を経験すると言われています。自己嫌悪に陥らず失敗から学び取って、1年後には再び保険による禁煙外来を受診することができますので再挑戦しましょう。

保険診療で受けられる禁煙治療

禁煙治療は、2006年から健康保険が適用されました。
禁煙治療を健康保険で受けるには以下の4つの要件すべてを満たす必要があります。

  1. ニコチン依存度テスト(TDS)が5点以上で、ニコチン依存症が認められる。
  2. 喫煙指数が200以上である。(※喫煙指数=1日に吸うたばこの本数×喫煙期間(年))
  3. (将来いつの日かではなく)ただちに禁煙することを希望している。
  4. 禁煙治療について説明を受け、その治療を受けることを文書により同意している。

禁煙外来受診を希望される方へ

受診を希望される方は、予め禁煙治療を保険診療で受ける条件を満たしているかの確認をするために「喫煙状況に関する問診票」をダウンロードして必要項目をご記入ください。(条件を満たさない場合は、保険診療ではなく自由診療となりますことをご了承ください。)
この「喫煙状況に関する問診票」は禁煙外来初回受診の時に確認するため必要な問診票ですので、ご持参ください。
当クリニックの禁煙外来は、月・火・木・金の午後15:00~16:00の時間枠での予約診療を原則としています。
ご都合の調整が難しい方はご相談ください。

お問い合わせ、受診予約のお申し込みはお電話にて承ります。お気軽にどうぞ。